だるま愛育園は、

カンボジアの

シェムリアップ市にある

孤児院です。

販売中の物品
Selling Goods
IMG_8080.JPG

だるま愛育園は元々、カンボジアの1991年内戦終結後に現園長のソリカ氏と日本人の故・内田弘慈氏の手により創立されました。

カンボジアは日本でも有名なポル・ポト政権時代において知識のある大人を主とした大量虐殺事件が起きた結果、国民の1/3が亡くなるという異常事態に陥っており、当初取材で訪れた内田氏が泥水をすすり脱水症状で命を落とす子供達を見てから現在まで約828基の井戸掘りが行われました。

現在のだるま愛育園では、現地スタッフ約2名と支援者様のお力添えもありこれまで約528名の児童が施設から旅立ちました。

 

しかし、当園は全盛期は60名いた子供が現在約13名に減っています。それはカンボジアの環境改善もあるはずですが、内田氏亡き後に日本からの支援が減った事も理由でした。実際にまだまだ現地が貧しいという事実は、足を運べば明らかです。

また​孤児院と聞くと触れづらい響きですが、最も辛い思いをしているのは孤児院の子供ではなく、過度の貧困や虐待のある場所から動けずにいる子供という点が重要です。

そのため当サイトは、子供の居場所の1つとしても園を応援したいと考えています。

カンボジアの

​孤児院に

​笑顔を増やそう!

​FaceBook(※外部ページ埋め込み・山崎氏運営)
よかったらぜひ、あなたの愛を
子供達に分けてください
だるま愛育園
児童数:約13名 ​現地スタッフ数:約3名
住所:452 Korkranh Village, Siem Reap 17000, Cambodia
©2019 だるま愛育園 , プッ株式会社 All Rights Reserved. プライバシー保護の観点から写真を含めたデータの無断転載を一切禁じます。